執筆:小林明人

これでフリー、使わないと勿体ない!

社長の小林明人です。

メールマガジンVol.4をお届け致しますので、お読みいただければ幸いです。

◇知っていても使わない方も多いのでは?

とにかく色々な無料サービスがあります。

有名なYouTubeもその一つですが、WebブラウザChromeの右上にある九つの点が正方形になっているボタン「Googleアプリ」を押すと、「これだけあれば仕事もプライベートもすべてOK」という程のツールがあります。

無料なので利用しない手はありません。

お断りしておきますが、当社はGoogleの回し者ではございませんのでご安心下さい。一人のユーザーとしての感想です。


◇我が家の子どもたち

娘が大学1年生、息子が高校2年生、二人とも入学時にパソコンを購入しました。大学生の娘はWindows、高校生の息子はChromebookとどちらも学校指定。ただし娘の方は、Windows10、core-i5以上、メモリ8Gb以上、電池が8時間以上もつことが条件ですが、どこで購入してもOKで、Microsoft Officeなどは大学から無償提供されます。

一方息子の方は、学校での指定商品購入が必須、はじめは私立校によくある営利目的では?と少々不信に思いましたが、学校側でGoogleアカウントやGoogle Classroomなどの初期設定を行うためとのことで納得しました。

また、コロナ禍で公立小中学校でも全生徒・児童に個人用のパソコンが貸し出されました。機種はWindows系、Chromebook、ipadと自治体によって選定が分かれたようですが、個人的に学校教育、特に義務教育にはChromebookが適していると思います。ChromebookはGoogleのサービスに特化しアプリケーションやデータのほぼ全てがクラウド上に存在。ですから動きサクサク。また生徒卒業時のデータと履歴消去が容易です。

しかしWindowsやipadの場合は初期化と再インストールが必要になるのでは?この作業は難しくありませんがなかなか大変、1台につき数時間は掛かります。来年4月には、「作業が膨大」とか「初期化しなかったから個人情報が」とか、教員の働き方改革とあわせて、これら問題がクローズアップされそうな気がします。

「先生たち大人が慣れているから」という理由でWindowsを導入した自治体の想定内であれば良いのですが。

その点Chromebookは、このような心配はありません。

また、Googleはサービス精神旺盛、商業的な雰囲気が無く個人的に好感が持てます。

◇表計算ソフト対決

「MS Excel」VS「Googleスプレットシート」です。

使い慣れているという部分も含めてExcelの圧勝です。Excelに出来てGoogleスプレットシートには出来ないことが大変多いと感じました。

特に、キーボードを駆使して限界までマウスを使用しない私には向いていませんでした。

◇ワープロソフト対決

「MS Word」VS「Googleドキュメント」です。

Googleドキュメントの勝ち。

私は文書を書く時に、これまではWindowsアクセサリにある「メモ帳」から書きはじめ、MS Wordで体裁を整えていました。MS Wordでは書いている途中に意図しない機能が勝手に働くところが嫌だからです。

一方、Googleドキュメントは機能も少なく、そういった勝手な動作をしないところが特に気に入り最近は多用、この原稿もGoogleドキュメントで書いています。

お若い方はご存じないと思いますが、昔々のワープロ「書院」の使い勝手に近いような気がします。


◇Web会議システム対決

「Zoom」VS「GoogleMeet」です。

GoogleMeetの勝利。

今回は無料サービス対決なので、無料時間がGoogleMeetは60分、Zoomは40分ということが一番の決め手です。

コロナ禍のはじまった2020年、どちらも24時間無料ということで試した段階では、画像と音声の差でZoomの方が良いと感じていましたが、現在ではGoogleMeetのレベルが向上し機能的にも負けていません。

宣伝になりますが、当社で販売しているB-ROOMとROOMSはこれらよりも格段に使いやすく高性能な商品です。ご興味がありましたらお声がけ下さい。

◇共同編集機能

MS Officeにも共同編集機能はありますが、ライセンスやサブスクリプション関係が色々とややこしいようなので使ったことはありません。

反対にGoogleサービスはとても簡単、Googleドライブで対象ファイルを右クリック、「共有」を選択し、許可するGoogleアカウントを入力するだけです。特に文書校正のやり取りには最適です。

◇他にも多彩なラインナップ

Google Map、G-mail、Googleドライブや、MS PowerPointの対抗馬Googleスライドというサービスもあります。

くどいようですが、私はGoogleの回し者ではありません、ユーザーとしての見解です。

◇本日のオススメ

ますばメモ代わりにGoogleドキュメントを活用されてはいかがでしょうか。

また、GoogleSiteというホームページを作るサービスもあり、当社では社内向けポータルサイトとして活用しています。パワーポイントのような手軽な感覚で使えますし、限定公開の設定もありますので、例えばご家族だけのHPなんていかがでしょうか。

~あとがき~

これからも、皆様のお役に立ちそうな気になることを掲載してまいりますので、どうぞお読み下さい。


(株)アイコー21は、『B-Room』『ROOMS』のセールスパートナーです。

訪問よりも成果が上がる
BtoB向け商談システム

接客だけではない商談の為の
BtoC向け商談システム

いまや日常となったオンライン会議。
大切なお客様との商談、今までのウェブ会議システムで十分ですか?

  • パソコン画面を共有し資料を見ながら、渡しながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • インターネットプラウザだけを使うので双方インストール不要

お気軽にお問い合わせください。029-843-8324受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください