執筆:小林明人

気づいたら、していました

社長の小林明人です。

メールマガジンVol.23をお届け致しますので、お読みいただければ幸いです。

◇柔道指導

メルマガvol.13『ハイブリッドの強さ』でも触れましたが、私は少年柔道の指導者をしています。きっかけは10年前、当時小学3年生の息子とともに私自身が少年時代に教えを受けた柔道クラブに出向いたことからでした。

息子がお世話になるのだからと指導のお手伝いを始め、そのうちに私と同じようなOBが集まり、そこに柔道経験のある保護者も加わり、みんなで指導者資格や審判ライセンスを取得して、約40名の子どもに対して20名もの指導者が関わるなかなか子どもたちに手厚い団体になりました。

水・木・土・日が稽古日で、私は日曜日を主に担当しています。皆、ボランティア指導者です。

◇PTA

次にPTA。中学時代の柔道部の後輩に三顧の礼で懇願され、中学校で本部役員を1年、会長を4年の通算5年間。決して進んでやったわけではありませんが、始めると熱くなり、終わる頃にはミスターPTA。

我が子が卒業した今でも様々な関わりが続いています。これもボランティアのひとつです。

◇生活の一部に

若いころは、ボランティアとは無縁と思っていた私ですが、気づけばとっぷり浸っている今日この頃。そのためとても忙しい休日を過ごしています。

今でこそ忙しくも楽しいボランティア活動ですが、当初は負担に思うこともありました。特にPTAに関しては、無報酬の奉仕という位置づけで「やらされてる感」満載でした。

しかしコロナの第一回緊急事態宣言下、すべての社会活動が一気に停止した時、日々の生活がすっかりつまらなくなり、子どもたちへの指導やPTA活動もいつの間にか自分自身の楽しみになっていたことに気づいたのです。

与えていると思っていたものから、与えられていたのですね。

◇ボランティア活動の恩恵

このように生活を彩るボランティア活動ですが、有意義な点を具体的に挙げてみます。

  1. 仕事で得たスキルを社会貢献に活かすと、とても感謝され嬉しい。
  2. 異業種の方とのコラボレーションが楽しい。
  3. 活動の中で必要に迫られて取り組んだことが、仕事の種になることがある。

◇仕事→ボランティア

仕事が役立ったと強く感じたのはPTA会長時代。

学校の先生方や教育委員会と接する中で、彼らの感覚に違和感を感じることが度々ありました。私たち民間企業人の常識を持ち込んだ結果、合理的で保護者から理解を得られる運営ができたと自負しています。特にお金の使い方や会計処理は結構バチバチやり合いました。

◇ボランティア→仕事

ホームページ作成

きっかけは、柔道クラブのHPを保守、さらに新たなサイトの立ち上げをしているうちに、“これってひょっとして勉強すれば商売になるのでは?“と思い立ち、私自身も技術者の一人として小規模ながらも弊社の事業としました。もし、あの時やっていなければ、この事業はなかったと思います。

記念誌の編集

そして今、事業化の可能性を感じているものの一つが、記念誌などの編集です。細かな経緯は割愛しますが、PTA役員OBとして学校の記念誌作成をお手伝いしたことがきっかけです。

版下原稿を作成する作業でしたが、プロがお使いの専用ソフトは使ったことがなく、持ってもおらず、ワードは苦手、使い慣れているパワーポイントで作成しました。パワポで作成した原稿は珍しいようで、印刷会社様からは「ここまでしっかり作れるとは思っていませんでした」とお褒めの言葉をいただき、先日無事完成。大きな達成感を味わわせていただきました。

そこで、「そうか、イラストレーターやインデザインなどの専門ソフトを導入して編集から印刷版下まで作成すれば仕事にできそうだな」と思った次第です。

とは言え、記念誌編集で一番大変だった部分は、ソフトでの作業よりも校正のやりとりでしたので、その部分をクリアーする必要があります。また、専門の事業主様も多くいらっしゃいますので、事業化する場合「弊社ならではの売り」が最重要ポイントです。

事務局代行

もう一つは、ボランティアで成り立っている団体の事務局代行です。実際に、大手旅行会社がPTA業務の代行サービスをスタートし、現段階では好意的に受け止められているようです。

私の柔道クラブやPTAでも事務作業はたくさんあって結構大変です。依頼主様が費用を捻出できればこのようなビジネスも成り立つのではと思っています。

◇本日のオススメ

仕事で得たスキルを他の団体で役立てると、その中で商売の種が見つかることがあります。

そこを狙ってビジネス目的で入会する人がいますが、それはやめていただきたい。仕事でのプラス面は、ボランティア精神の副産物であるべきです。自身のみならず企業の信頼を損ねることになります。

あくまでも余暇を楽しむつもりで、積極的に活動に関わることをおススメします。

~あとがき~

これからも、皆様のお役に立ちそうな気になることを掲載してまいりますので、どうぞお読み下さい。


(株)アイコー21は、『B-Room』『ROOMS』のセールスパートナーです。

訪問よりも成果が上がる
BtoB向け商談システム

接客だけではない商談の為の
BtoC向け商談システム

いまや日常となったオンライン会議。
大切なお客様との商談、今までのウェブ会議システムで十分ですか?

  • パソコン画面を共有し資料を見ながら、渡しながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • インターネットプラウザだけを使うので双方インストール不要

お気軽にお問い合わせください。029-843-8324受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA